若い方にできやすい腫瘍

ドクターとナース

骨肉腫という病気を聞いたことがある方はそれほど多くはないでしょう。骨肉腫とは骨にできる悪性の腫瘍の一種です。腫瘍が骨を作るという特徴があります。もうひとつの特徴としては、10代や20代の方に多く見られる病気だということです。骨肉腫に気づくのは骨や筋肉の痛みを伴うからです。しかし、運動盛りの若い世代に多くみられるので、筋肉痛や疲労と勘違いしてしまうケースが非常に多くなっています。病院に行き、診断を受けるまで気づかないのです。骨肉腫はガンの一種なので、治療も長くかかる場合があります。思春期にガン治療をするのは大変辛いことでしょう。骨肉腫の原因は未だにはっきりとわかっておらず、一説では、遺伝的な要素が原因だといわれています。遺伝子を受け継ぐ段階で何らかの異常が起き、がんを抑える物質が少ないことが原因というのです。はっきりわかっていないので、予防も難しくなっています。長らく痛みが続き、病院に行ったときに骨肉腫を発見するケースが多いようです。骨を破壊し、骨のようなものを生成する骨肉腫はかなりの痛みを伴うでしょう。治療の方法は抗癌剤治療になります。腫瘍が切除できるようであれば、できるだけ手や足を傷つけずに切除手術を行います。骨肉腫が大きくて切除できない場合は、手や足を切断する可能性もあります。最悪の状況を避ける為に、痛みがあるのならば早めに病院に行って診断してもらいましょう。骨肉腫には骨の周りにできるものもあるので、全てが難しい手術ではありません。手足が痛いときは、すぐに病院に行くことをオススメします。

RECOMMEND POST

大腸がんとは

医者と看護師

年々増加傾向にある大腸がんは死亡率が非常に高いがんです。発生部位によって結腸がんと直腸がんに分けられ、結腸がんのほうが多く発症します。大腸がんで見られる症状は便や便通の異常です。直腸がんの場合には痔と間違われることも多いため、発見が遅れることがしばしばあります。

今の医療技術でも不治

聴診器

がん治療は大きく分けて、外科治療や放射線治療、抗がん剤治療の3つにわけることができます。癌の経過によって、どの治療を進めるのか決めていきます。医師の話をしっかりきいて、納得のいく治療を受けるようにしましょう。

肝炎ウイルスへの持続感染

ナース

肝臓がんの原因のほとんどはB型とC型の肝炎ウイルスへの持続感染が起こす慢性肝炎です。医療行為、母子垂直感染などが感染経路でしたが、今は検査体制が整いこれらはほぼなくなっています。それ以前に感染して慢性肝炎になっている人は、慢性肝炎の治療と定期的なチェックを受けましょう。

治らないわけではない

医者

がんを患ってしまうと長い闘病生活が始まります。治ったと思っていても、再発や転移が見つかることがあります。決して治療を諦めずに長い目でがんを克服していきましょう。