定期的な通院で早期発見

カウンセリング

胃がんは、日本人の死亡原因の上位にあるガンです。欧米の方はあまり発症しにくいガンとしても知られています。胃がんの特徴は、ガンの発症に気づきにくいという点です。かなり進行しても自覚症状は無く、気づいた頃にはかなり巨大な腫瘍ができているということもあるようです。症状を感じて気づく方もいるようですが、他のガンに比べると発見が遅れます。胃がんの症状としては、居の痛みや胸焼け、吐き気、食欲不振などがあります。身に覚えのある方はすぐに検診に行くことをオススメします。胃がんの場合はとても危険です。胃がんを発症する方は40代を過ぎた方に多いようです。貧血や黒い色をした便をすることも胃がんの症状といわれているので、注意しましょう。胃がんの原因は荒れた食生活や、飲酒、喫煙などといわれています。他にも、ピロリ菌の数が増えることによって胃がんのリスクを高めるようです。野菜や果物の摂取も大事です。野菜や果物不足も胃がんの発生リスクを高めるので、しっかりとした食生活を送って、胃の調子を整えましょう。胃は内蔵の中でも大きい部分です。放っておくと他の臓器に転移する恐れがあります。できるだけ早期発見ができるようにしましょう。胃がんの発生をできるだけ抑えるために、しっかりとした食生活を心掛け、定期的に通院しましょう。定期的な通院をすることによって早期発見が可能になります。早期発見で転移するのを防ぐことができるので、完治に繋がります。

RECOMMEND POST

大腸がんとは

医者と看護師

年々増加傾向にある大腸がんは死亡率が非常に高いがんです。発生部位によって結腸がんと直腸がんに分けられ、結腸がんのほうが多く発症します。大腸がんで見られる症状は便や便通の異常です。直腸がんの場合には痔と間違われることも多いため、発見が遅れることがしばしばあります。

今の医療技術でも不治

聴診器

がん治療は大きく分けて、外科治療や放射線治療、抗がん剤治療の3つにわけることができます。癌の経過によって、どの治療を進めるのか決めていきます。医師の話をしっかりきいて、納得のいく治療を受けるようにしましょう。

肝炎ウイルスへの持続感染

ナース

肝臓がんの原因のほとんどはB型とC型の肝炎ウイルスへの持続感染が起こす慢性肝炎です。医療行為、母子垂直感染などが感染経路でしたが、今は検査体制が整いこれらはほぼなくなっています。それ以前に感染して慢性肝炎になっている人は、慢性肝炎の治療と定期的なチェックを受けましょう。

治らないわけではない

医者

がんを患ってしまうと長い闘病生活が始まります。治ったと思っていても、再発や転移が見つかることがあります。決して治療を諦めずに長い目でがんを克服していきましょう。