欠陥住宅というのは嘘か本当か「アイダ設計の真実」

積み木
  1. ホーム
  2. 家の建て方

家の建て方

一軒家

家を建てる方法のひとつに、注文住宅があります。これは施主が希望する住まいを設計してもらい、オーダーメイドで建設する住宅のことです。建売とは異なり、間取りや設備などを好きなようにすることができます。そのために費用もそれなりに必要となる特徴を持っています。注文住宅にも幾つかの種類がありますが、最も安価に建てることができるのがローコスト住宅です。これは既成の建材を使うことで材料費や人件費を抑える形になります。次に工務店によるオーダーメイドの注文住宅、そして設計事務所に依頼して個性を重視したオリジナルな設計を頼むものとなります。費用もこの順で高いものとなり、予算や希望に合わせて自由に選ぶことができます。

注文住宅と言えば昔は費用がとにかく高いイメージがあったものです。けれども今では、工夫すればかなり安く抑えることが可能となります。大手のハウスメーカーでは、ローコスト住宅を提供していますが、これを利用することで安価に理想の家を建てることができます。建材もメーカーによって様々なものが用意されているので、住みやすさを追求することができます。例えば壁材でも室内の空気を浄化するものなど、便利なものも提供されています。デザインもメーカーによって個性を出していますし、また天然素材の安心できる家も建てることができます。このようにメーカーそれぞれの特徴を把握することによって、求める住空間を実現できるものを選ぶことが可能となるのです。