今の医療技術でも不治

聴診器

早期発見でも転移している

がんは今の医療技術をもっても不治の病とされています。がんには二種類あります。転移する癌とそうでない癌です。最も恐ろしいのは転移する癌です。初期治療でがんは治るため早期発見が大事とよく言われますが、それは転移しない癌の治療方法です。転移する癌は早期発見した時点で、すでに何億ものがん細胞が成長している状態であり、すでに体の中に転移している可能性が高いのです。そして数か月や数年後にそのがんが成長し、再発することが懸念されているのです。がん治療は外科手術や放射線治療、抗がん剤治療などが主流です。日本の医療機関ではこの三種類の治療方法を組み合わせてがん治療を行っています。

転移癌の成長させるリスク

癌細胞が見つかった状態では転移する癌なのかそうでないのかを確認することはできません。再発するかしないかを見守るしかないのです。そのため5年後に再発していなければ完治したといわれるように経過観察が必須なのです。しかし外科治療を行うことにより転移癌の成長を早めてしまうこともあります。転移する癌は血液やリンパの流れに乗って他の臓器へ移動します。そのため外科手術で血管を傷つけることによってその血液にがん細胞を送り込んでしまう可能性が高くなるのです。がん治療は外科手術だけでなく、がんと共存する温存治療のほうが延命できる可能性もあるのです。どちらの治療法を行なうかは專門医師と患者本人、そして患者家族と話合って決めていきます。納得のいくがん治療を受ける事ができるように、不安に感じることはきちんと聞いておきましょう。

RECOMMEND POST

大腸がんとは

医者と看護師

年々増加傾向にある大腸がんは死亡率が非常に高いがんです。発生部位によって結腸がんと直腸がんに分けられ、結腸がんのほうが多く発症します。大腸がんで見られる症状は便や便通の異常です。直腸がんの場合には痔と間違われることも多いため、発見が遅れることがしばしばあります。

今の医療技術でも不治

聴診器

がん治療は大きく分けて、外科治療や放射線治療、抗がん剤治療の3つにわけることができます。癌の経過によって、どの治療を進めるのか決めていきます。医師の話をしっかりきいて、納得のいく治療を受けるようにしましょう。

肝炎ウイルスへの持続感染

ナース

肝臓がんの原因のほとんどはB型とC型の肝炎ウイルスへの持続感染が起こす慢性肝炎です。医療行為、母子垂直感染などが感染経路でしたが、今は検査体制が整いこれらはほぼなくなっています。それ以前に感染して慢性肝炎になっている人は、慢性肝炎の治療と定期的なチェックを受けましょう。

治らないわけではない

医者

がんを患ってしまうと長い闘病生活が始まります。治ったと思っていても、再発や転移が見つかることがあります。決して治療を諦めずに長い目でがんを克服していきましょう。