大腸がんとは

医者と看護師

年々増加傾向にある大腸がんは死亡率が非常に高いがんです。発生部位によって結腸がんと直腸がんに分けられ、結腸がんのほうが多く発症します。大腸がんで見られる症状は便や便通の異常です。直腸がんの場合には痔と間違われることも多いため、発見が遅れることがしばしばあります。

詳しく見る

今の医療技術でも不治

聴診器

がん治療は大きく分けて、外科治療や放射線治療、抗がん剤治療の3つにわけることができます。癌の経過によって、どの治療を進めるのか決めていきます。医師の話をしっかりきいて、納得のいく治療を受けるようにしましょう。

詳しく見る

肝炎ウイルスへの持続感染

ナース

肝臓がんの原因のほとんどはB型とC型の肝炎ウイルスへの持続感染が起こす慢性肝炎です。医療行為、母子垂直感染などが感染経路でしたが、今は検査体制が整いこれらはほぼなくなっています。それ以前に感染して慢性肝炎になっている人は、慢性肝炎の治療と定期的なチェックを受けましょう。

詳しく見る

治らないわけではない

医者

がんを患ってしまうと長い闘病生活が始まります。治ったと思っていても、再発や転移が見つかることがあります。決して治療を諦めずに長い目でがんを克服していきましょう。

詳しく見る

若い方にできやすい腫瘍

ドクターとナース

骨肉腫はがん細胞が手や足の骨に入り込んで発症します。抗癌剤治療を行います。切除手術もおこなって腫瘍を摘出します。遺伝的な病気といわれていて、防ぐのは難しいです。痛みがあれば病院へ行きましょう。

詳しく見る

生活を続けながら治療する

医者と看護師

免疫治療は抗癌剤治療や放射線治療と違い、普段の生活を続けながらガン治療を受けることができます。副作用もほとんどありません。入院する必要も無いので精神的にも負担が少ない治療法です。

詳しく見る

定期的な通院で早期発見

カウンセリング

胃がんは日本人がかかりやすいがんのひとつです。自覚症状が他のがんに比べると少ないので、発見が難しくなっています。しっかりとした食生活で胃がんを予防しましょう。定期的な通院で早期発見に繋がります。

詳しく見る

治療を困難にする要因

ハート

がんの厄介な面の一つに転移があります。他の臓器に移動してそこで成長するのが転移ですが、これを事前に予防することはできません。外科手術を行う際に完治させる可能性は高くなりますが、同時に転移リスクを高めることにもなるので、複数の医師に相談すると良いです。

詳しく見る

再発に気をつける

バスト

乳がんは女性特有のがんだ思われがちですが、男性でも発症します。最大の禿頭は唯一自分自身で発見できるがんだという事です。毎日の触診は必ず行うようにしましょう。注意点として、私たちが思っている以上に乳がんは再発しやすいがんです。全体のうち、三割から四割の患者さんは再発します。

詳しく見る

免疫力でがんを撃退する

ドクター

樹状細胞療法は、新しいタイプのがん治療法として知られる免疫細胞療法の1つです。免疫細胞が体内の異常な細胞を認識する能力を高めることで、がん細胞に対する攻撃能力を強化し、病状の進行を抑える効果が期待できます。

詳しく見る

喫煙者は要注意

ドクターとナース

日本人の喫煙率は、年々下がっており、それに伴って肺がんも将来は減っていく可能性はありますが、現段階では30年前と比べても患者数は増加しています。しかし、初期の場合には他のがんと同じように治ることもあります。また、肺がんは喫煙が発病のリスクを高めることから、喫煙をしないことが大切です。

詳しく見る

早期発見が大事な病気

ドクター

性質は二種類ある

がんにおいて一番恐ろしいのは、転移です。がんには転移するもの、転移しないもの、2種類が存在します。転移するがんは、早期治療しても再発する可能性が高いのです。早期発見した場合早めに外科治療を施し、切除することを勧められますが、この場合助かる可能性の高いのは転移しない癌です。切除したのちに5年間再発しなければ完治したといわれますが、これは転移するかどうか、検査段階や切除する外科手術段階では把握できないため、経過観察が必要なのです。そして再発をしなければ、完治したとみなされます。癌の発生する場所は体のいろいろな部分があり、その進行速度も異なります。また若いころに発症すると、年齢を重ねてから発症するより進行が早いという特徴も持っています。

外科手術の判断は重要

早期発見段階では、レントゲンに映るがんは小さいのですが、細胞サイズで言えばすでに数億の癌細胞が成長しています。そのため転移する性質を持っているのであれば、すでに他の臓器に移っている可能性が高くなります。がん検査によって、がんが発見された場合は、他の臓器にがんの転移がないのかまで、しっかりと検査しましょう。がんの治療で代表的な治療としては、放射線療法や手術療法、化学療法があります。がんの進行度やがんの種類によって、適応される治療は変わってきます。どの治療が適しているのか、医師と相談を重ねた上で、治療に臨みましょう。がんの転移が発覚した時に患者が受ける精神的ショックは大きな物があります。しかし、精神的ショックに負けずに病気と向き合う心積もりをしておきましょう。がん患者のメンタルケアに力を入れている病院やクリニックもあるので、相談するという手段もあります。

RECOMMEND POST

大腸がんとは

医者と看護師

年々増加傾向にある大腸がんは死亡率が非常に高いがんです。発生部位によって結腸がんと直腸がんに分けられ、結腸がんのほうが多く発症します。大腸がんで見られる症状は便や便通の異常です。直腸がんの場合には痔と間違われることも多いため、発見が遅れることがしばしばあります。

今の医療技術でも不治

聴診器

がん治療は大きく分けて、外科治療や放射線治療、抗がん剤治療の3つにわけることができます。癌の経過によって、どの治療を進めるのか決めていきます。医師の話をしっかりきいて、納得のいく治療を受けるようにしましょう。

肝炎ウイルスへの持続感染

ナース

肝臓がんの原因のほとんどはB型とC型の肝炎ウイルスへの持続感染が起こす慢性肝炎です。医療行為、母子垂直感染などが感染経路でしたが、今は検査体制が整いこれらはほぼなくなっています。それ以前に感染して慢性肝炎になっている人は、慢性肝炎の治療と定期的なチェックを受けましょう。

治らないわけではない

医者

がんを患ってしまうと長い闘病生活が始まります。治ったと思っていても、再発や転移が見つかることがあります。決して治療を諦めずに長い目でがんを克服していきましょう。